配管設備業向け社内情報共有化システムエンジン

現在、配管・設備業を営む企業の現場管理・経営管理は、エクセル等にて作成された各種帳票(休暇届書・工事行程管理表等)をプリントアウトして紙に出力、書き込み等で管理されているというのが現状です。

当然、現場竣工とともにこの管理帳票は破棄され、それらは蓄積、つまり資産化されていません。

弊社は、社内情報共有化システムエンジン(社内回覧板システム)をコアに、以下の機能を付随したシステムセットを提供し、配管設備業の業務改善にイノベーションを起こします。

①工事完了報告書作成システム

現場で日々行われる工事の現場写真をスマートフォン、タブレットにて撮影して基幹システムに保存を行う。

工事完了報告書フォームに、保存した写真データを選択、配置させ、テキスト文章にて工事写真の説明、コメント等を入力することで、工事完了報告書が完成する。

完成した報告書を上長→役員→社長等へ、回覧板形式で伝達して検印をもらうことで、工事完了報告書が完成する。

完成した報告書は、PDFにて出力が可能であり、対象顧客に対してメール送信等を行うことや、プリントアウトして会社の作品として保存、蓄積が可能になる。

財務面では、計上された売上高(数値)が、工事完了報告書(状態)として裏付けられ、金融機関等へのより正確な報告となり、融資等経営向上に寄与する。

②現場人事管理システム

工事計画時に人員配置等の人員配置計画を立案しているが、工事の遅れや追加の工事等にて、限られた人員を適切に配置して工期を守ることが求められる。

エクセルで修正された人員配置をプリントアウトして各職人に渡す、電話で指示する等を行っているが、伝達間違いや確認不足にて、人員配置に狂いが発生する経営的リスクが存在している。

当システムは、これらの情報をデジタル化して各職人から社長までが、いつでもどこでも確認、行動できるようにする機能である。

③施工図面共有システム

顧客から配布される設計図面はA3用紙にて提供されるが、職人の高齢化等により細かい図面が見えない、見えづらいという課題が存在している。

当システムは、配布された図面をPDF化してサーバーに保存、タブレット等にて拡大して見えやすくする等の機能である。

また、回覧板機能を利用することで、変更図面等の確認を各自が行ったか否かの情報も記録することが出ることで、経営リスクを低減させることができる。

これらのノウハウを当社システム利用会社すべてに対して広く提供していくことで、当社顧客の経営レベルがさらに向上するというシナジー効果を発生させる。

④工事行程管理システム

現在、あらかじめ決まっている工事行程が行程通り進んでいるのか、遅れているのか等の情報は、電話・ミーティングにて行われており、社内全員が完全に把握しているとは言えない状況にある。

工事行程の進捗を社内全員で把握することで、余裕を持った施工により品質を高める、工期の遅れを未然に防ぐことが可能となる。

⑤休暇申請承認システム

 現在、休暇申請は社長決済にて行われているが、突発的な工期の遅れ等にて人員が足りない、応援が必要である情報は各現場の責任者が把握しており、社長と現場責任者のコミュニケーションが希薄だと人員が足りなくなる等のリスクが発生している。

休暇申請を職長~社長まで社内全員で共有、確認することで、各現場の人員配置計画および管理プロセスを向上することができる。

⑦事業内訓練管理システム

事業所によっては、組合にて行われている若手技術者の事業内訓練(OFFJT)施策を行っており、この訓練の進捗状況を職長および社長の把握状態により若手技術者の免許取得スピード、可能性が大きく左右される。

訓練の進捗を社内全員で共有することで、若手技術者は熟練技術者の指導を受けたり、訓練の時間を自社内で与えられたり等の改善行動が会社全体でPDCA化される。

これにより、若手技術者を会社全体で守り、育成するという環境が整備され、雇用環境向上による安定的な技術者の確保を促す効果がある。

これらのノウハウを当社システム利用会社すべてに対して広く提供していくことで、当社顧客の経営レベルがさらに向上するというシナジー効果を発生させる。

⑧独自フォーム作成サービス

システム利用会社のITリテラシーが向上することで、新たな独自管理帳票等のオーダーが発生する。

顧客からのオーダー帳票を「紙帳票」でもらい、それらの紙帳票をサーバーにプログラムして提供するサービスである。

また、当社が配管・設備業者にターゲットマーケティングすることで、この独自帳票がたくさん集まり、当社ノウハウが向上してくる。

これらのノウハウを当社システム利用会社すべてに対して広く提供していくことで、当社顧客の経営レベルがさらに向上するというシナジー効果を発生させる。

⑨自社PR誌作成システム

事業所によっては、組合にて行われている若手技術者の事業内訓練(OFFJT)施策を行っており、この訓練の進捗状況を職長および社長の把握状態により若手技術者の免許取得スピード、可能性が大きく左右される。

訓練の進捗を社内全員で共有することで、若手技術者は熟練技術者の指導を受けたり、訓練の時間を自社内で与えられたり等の改善行動が会社全体でPDCA化される。

これにより、若手技術者を会社全体で守り、育成するという環境が整備され、雇用環境向上による安定的な技術者の確保を促す効果がある。

これらのノウハウを当社システム利用会社すべてに対して広く提供していくことで、当社顧客の経営レベルがさらに向上するというシナジー効果を発生させる。

詳しくはお問い合わせください。

■ 株式会社ノーススターラボ
info@northstarlab.co.jp
TEL 011-600-2729

お問い合わせ内容 (必須)

弊社は「おもてなし規格認証」の紅認証を取得した企業です。おもてなし規格認証は、日本のサービス産業と地域の活性化のために生まれ、皆様からのお問い合わせに対して、ご満足していただけるよう、誠意を持ってお答えさせていただきます。